人間の腸内で健康に役立つ働きをする乳酸菌

乳酸菌は、人間の腸内で健康に役立つ働きをする、善玉菌の一種です。

整腸作用や、便の水分を補充する役割をするため、乳酸菌を摂取すると便秘解消に効果があると言われています。

また、アレルギー症状を抑えたりすることから、花粉症予防の効果にも注目されています。

乳製品等の発酵食品に含まれる動物性乳酸菌と、米や野菜等の発酵食品に含まれる植物性乳酸菌があり、植物性乳酸菌は味噌や納豆、漬物等に含まれています。

乳酸菌は熱に弱く、40度以上になると死滅するため、乳酸菌を含む食品は冷蔵庫での保管が必要です。

反対に寒さには強く、0度以下になっても休眠状態で生き続けると言われています。

乳酸菌と一口に言っても、実はいろいろな種類があり、生きたまま腸に届く乳酸菌はより健康効果が高いそうです。

ヨーグルトや飲料、サプリ等の商品が開発されており、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取することができます。

また、カスピ海ヨーグルト等のタネ菌を利用すれば、自宅でも牛乳から簡単にヨーグルトを作ることができます。

腸内環境を正常化して整えるには