ニュースに気をつけよう

「スプレッド」とは外為は外貨を売り買いして儲けを生み出す商品です。

価格はいつも変化しています。

 

これが為替レートです。

 

ラジオを聞いていると、レートのニュースが流れる場面があります。

よくあるのが「今日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。

 

取引には、買値と売値の2個の価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示する取引会社もあります。

 

売値の方が買値よりも安く定められています。

 

実際に買値は高く、売値は安くなっています。

 

この差額をスプレッドといい取引業者の収益となっています。

 

スプレッドは業者によって異なります。

 

スプレッド幅はみなさんにとってコストになるので狭い取引会社をピックアップするほうが有利になります。

 

ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの広さは変動します。

 

もしも普段は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても、為替相場の上げ下げがとても激しいケースでは3銭、4銭になります。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じく固定しているということが肝心です。

 

現在では固定したスプレッドを表示するFX取引会社も多数あります。

 

実際にFX業者の売買画面上で実際のマーケットを見て確認しなければ判断できないので手間がかかりますが、とても大事な事です。

 

貴重な財産を投資して注文するわけですから本物の取引の前に関心があるFX業者の口座開設をいくつもして、表示されているスプレッドの差を実感しましょう。

 

同じ通貨のペアでもその時間帯の状態によって、スプレッドの幅は変わることがあります。

 

普通は、銀行間取引で取引高が多いペアではスプレッドの広さが狭くその他の通貨ペアではスプレッドの差が広がるのが一般的です。