これから女性の必需品

一般にピルと呼ばれる避妊薬には高用量・中用量・低用量の3種類があり、現在は低用量のものが主流になっています。この高・中・低は何を指すかというと、薬の中に含まれるホルモンの量です。含有量が少ない方が身体に対する負担が少なく、副作用のリスクも低くなります。

 

「量が少ない分効き目も悪いのでは」という心配は要りません。できるだけ自然のホルモンバランスに合うようつくられているので、飲み忘れや飲み間違いのないよう気をつけていれば効果には問題はありません。

 

低用量ピルは産婦人科などで処方してもらうことができます。日本で最もポピュラーな低用量ピルは、トリキュラー錠28になります。じつはこれ海外用であれば産婦人科でなくても通販でも購入することができます。海外用といっても中身は、日本で処方されているものと一緒です。

おすすめサイト:トリキュラー錠28の通販